2017年マイルで旅

ハピタスがあるから僕がある


2017年6月時点のおすすめポイントサイト

陸マイラーになろうとする人にとってポイントサイトはとても大切な存在です。

ポイントサイトは1つでOKにならないのが大変なところですが、最低でも3つくらいは登録しておいたほうが、高還元のサイトでポイントをもらえることになるので有利です。

2017年6月時点でおすすめのポイントサイトは?

5月はFX案件・クレジットカード案件のポイントアップが目立ちました。そのため、FX案件・クレジットカード案件が強いポイントサイトはオススメです。その他、ふるさと納税で楽天のポイント二重取りが出来るため、楽天が使えるポイントサイトがよいですね!

mile2017.hatenablog.com

おすすめ1位:ハピタス

モニター案件がないので3位にしましたが、基本的には高還元で案件の数も揃っているのでオススメです。紹介制度が優秀で、対象外案件が少ないので友達が多い人は安心して勧められるのもよいですね。

mile2017.hatenablog.com

おすすめ2位:ちょびリッチ

クレジットカード案件に強いちょびリッチは、一気にポイントを貯めやすいです。また、モニター案件がファンくる系とテンタメ系の2系統あるのが優秀です。

mile2017.hatenablog.com

おすすめ3位:ポイントタウン

モニター案件とは別にグルポタというモニター案件に似た飲食案件があるのが特徴です。モニター案件と違い、面倒なアンケートが不要な上に10人以上の大きめの宴会で使うと、数万マイルが一気に貯まってしまうのが魅力です。

mile2017.hatenablog.com

おすすめ4位:GetMoney!(げっとま)

モニター案件があり、基本的に案件数は多いですが、11月からポイントアップする案件が少なかったため4位に。

mile2017.hatenablog.com

おすすめ5位:ポイントインカム

モニター案件がありますが、他よりも5%低いのが難点。その代わり、ランク制度がありランクが高くなればよくなります。

mile2017.hatenablog.com

おすすめ6位:PONEY

モニター案件がなく、案件数も少ないので6位に・・・。ですが、友達紹介制度はハピタス以上に優秀なので、よい案件が揃えば1位にもなるでしょう。

mile2017.hatenablog.com

関空発の2017年3月のプレミアム旅割28の運賃とPP単価

関空発の2017年3月のプレミアム旅割28の運賃とPP単価

3月も大阪(関西)~福岡が優秀なPP単価

関空を拠点にSFC修行を計画しています。別に伊丹にも行けるのですが、関空の方がやや行きやすいのです。

ですから、伊丹にいいルートがあればそちらも検討します。

さて、2017年3月のプレミアム旅割28の運賃が発表されました。2月と料金に変更はありませんでした。

ということで、大阪(関西)~福岡が一番PP単価が安いです。

ですが、7,400円の時間帯に乗ろうと思うと日帰りが出来ません

福岡はコスパのよい低価格ホテルやカプセルホテル、ネットカフェがありますので、宿泊しても良いと思います。

続きを読む

はいはい。みなさん。落ち着いて。

カゴメ 野菜生活100

一時停止ですよ。
 
 
 
詳しくは、書けませんが、

先日、大量マイルを狙って陸マイラーの応募が殺到したのです。
 
 
 
被害の内容は、想像して下さい。
 
 
 
そしたら、逆にレシポが混乱してしまいまして、

一時停止になりました。
 
 
 
何の、問題もありません。
 
 
 
ずべて、想定内のニュースです。
 
 
 
これから、陸マイラーたちと話をいたします。

mile2017.hatenablog.com

ポイ探の使い方!陸マイラーに重要なマイル変換ルートを教えてくれます!

ポイ探の使い方

陸マイラーは管理するポイントが多い・・・。
私は少ないほうですが、それでもこれくらいあります。

ポイントサイト系

ポイント変換サイト

  • ドットマネー
  • PeX

mile2017.hatenablog.com

mile2017.hatenablog.com

クレジットカード系

  • ANA VISA(マスター)カード  通常ポイント
  • ANA VISA(マスター)カード  ボーナスポイント
  • アメリカン・エキスプレスカード

交通・空港系

  • 東京メトロ
  • ANAマイル
  • ANA SKYコイン

mile2017.hatenablog.com

mile2017.hatenablog.com

その他

  • 楽天ポイント
  • リクルートポイント

他にもいろいろありますが、マイルに関連しそうなのはこのあたりですね。

そして、ポイントは単位が違うので、ぱっと数字を見ただけでは価値が分かりにくいですね。

そんな陸マイラーの悩みを解消してくれるのが「ポイ探」です。

続きを読む

12/7更新【レシポ改悪】カゴメ祭再び!カゴメ 野菜生活100が100%還元で1,188マイル!

※2016/12/07更新!条件改悪されました!

あせったレシポが取った施策とは・・・

本キャンペーンに係る告知において、「一時的にレシート受付を停止」という不正確な表現を用いたため、12月5日に開始した本キャンペーンとは別のキャンペーンが、本キャンペーンと一連のものであるとの誤解を与え、混乱を招きましたことを深くお詫び申し上げます。つきましては、お詫びの気持ちとして、2016年12月1日〜12月6日22:30の期間中に対象商品を購入したレシートに対して、本キャンペーンと同条件(最大45本を上限)にてポイント付与をさせて頂く所存です。詳しくは「カゴメ野菜生活100について」③及び④ をご確認下さい。

丸損した人はいなくなったので、よい対応とは思います。ですが、冷静に12/5の改悪を受けて12本に切り替えた人は損した気分になりますね。12月6日22:30までとか短すぎですね。週末くらいまでは伸ばさないと不公平は是正されませね。とはいえ、よい対応と思います。ですが、企画前にわかりませんか!とは思います。

【レシポ】カゴメ祭再び!カゴメ 野菜生活100が100%還元で1,188マイル!

おいしい・体によい・賞味期限長い・1,188マイル還元

レシポのカゴメ案件は4拍子揃ってます!賞味期限長いを削って切りよく3拍子にしても良かったのですが、半年近くある賞味期限は魅力です。

さて、100%還元の案件は魅力的ですが、私は必ず意識することは、

不要なものは100%還元でも買わない。

100%還元というとタダでもらえる感覚になりますが、陸マイラーにとってはバイマイル(マイルをお金で買うこと)です。使ったお金は、現金では戻ってこず、マイルとして貯まりますからね。もちもん、バイマイル上等!って人ならいいですが、私の場合は「お金を出してでも買いたいものにマイルが付いてきてお得」という感じになれる商品だけ買うようにしています。

そして、このレシポのカゴメ案件は2回目なんですね!1回目の満足度が高かっただけに2回目は楽しみです。このキャンペーンは12月1日からですよ!
mile2017.hatenablog.com

続きを読む

再入会でもOK!?ドットマネーのU-NEXT無料トライアルで1,520 マネーです!

再入会でも可能!U-NEXT無料トライアルで1,520 マネーが良いね!

普通は新規のみですが、これは再入会でもOKみたいです

動画見放題サービスは使われてますか?私はNetflixを大好きでよく見ています。アマゾンプライム会員でもあるのでアマゾンプライムビデオも良く見ています。結構この二つは、ラインナップが違って共存できるんですね!Netflixはオリジナルでハイクオリティーが多くて、原則一度公開されるとずっと観れます。一方アマゾンプライムビデオは、アニメやちょっと前の映画が多くて、期間限定モノがころころ入れ替わる感じですね。

さて、今日紹介するのはU-NEXTです。こちらも、動画見放題サービスですが、上の二つと異なる点は、見放題以外にも有料で最新映画が観られたり、なんといってもアダルトが含まれています。ただ、月額が1,990円とお高いです。ですが、今回は31日間無料で観られますので、試してみてはどうでしょうか。

私は、以前にポイントサイト経由で申し込んだことがありましたが、その後退会して今回は再入会しましたが、ドットマネーが加算されました。即時案件なのですぐ加算されました。

ただ、ドットマネーの注意書きにはこうかかれています。

続きを読む

楽天カード発行でドットマネーが破格の14,400マネー!!!

楽天カード発行でドットマネーが破格の14,400マネー!

ポイントサイトが生み出したモンスターカード

▼楽天カードとは
8秒に一人が申し込み中!
年会費永年無料の楽天カード☆

恐ろしい勢いです。楽天カードは2005年7月からクレジットカードの発行を開始して、まだ11年ほどの新しいカードですが、2016年1月には会員数が1,200万人を超えるという偉業を成し遂げました。クレジットカード事業において重要なカードショッピング取扱高増加のために「年会費無料」「ポイント高還元率」「貯まったポイントが楽天グループのあらゆるサービスと交換できる」といった特典を前面に出し成長をしてきました。

その成長をアシストしたのがポイントサイトです。楽天カードは2005年の発行当初からポイントサイトを活用して発行枚数を伸ばしまくっていました。

続きを読む